スノーボードの滑り方 〜 スノーボードを楽しむ!

main_top_over_navi
main_top

スノーボードの滑り方


スノーボード初心者の人は、できるだけ初心者用コースがあるスキー場を選びましょう。まずは、スケーティングを覚えてください。これは、前足をバインディングに固定したまま、後ろ足で雪面を蹴って前に進むという方法です。ゲレンデの中にも斜面ではないところがあるので、ここを進む時には歩くよりも断然楽です。重心はバインディングに固定しているスノーボードに置いてある足にかけるようにします。後ろ足に重心をかけてしまうと、体が置いて行かれて転んでしまうので注意してください。

スノーボードで滑ろうと思ったら、サイドスリップから始めてみましょう。これは、基本中の基本となる滑り方です。まず、ひざと腰を軽く曲げます。この状態から足首の動きを使って少しずつエッジをゆるめていくと、滑ることができます。急にエッジを緩めたり立てたりすると、急降下・急停止の原因となってしまい転びやすくなるので、初めは徐々に行ってみてください。まずは、できるだけ左右に幅のあるゲレンデで練習するとよいでしょう。

スノーボードは、最初のうちは自分が進もうと思っている方向と違う方向に進んでしまうことがよくあります。まっすぐに進もうと思っていたのに右や左に行ってしまったとなると、周りを滑っていた人にぶつかってしまう可能性もあります。まっすぐに滑るなんて簡単、と思っていても、実際にやってみるとかなり難しいのです。ワンシーズンしっかり練習しても最後までまっすぐ滑れない人もいるくらいなので、まずは基本からしっかりと覚えましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 スノーボードを楽しむ! All Rights Reserved.