スノーボードの止まり方 〜 スノーボードを楽しむ!

main_top_over_navi
main_top

スノーボードの止まり方


スノーボードで滑る際に重要となるのが、止まり方です。これは、滑り方よりも先に覚えておく必要があります。なぜなら、止まることを考えずにスピードを出してしまうと、転んだりぶつかったりして止まることしかできません。それは大変危険なこともあります。初心者の人は、とにかく滑りたいと考えてしまいがちですが、最初に必ず止まり方と滑り方の練習をするようにしましょう。

スノーボードで上手に止まるには、まずは、スノーボードの上に乗せている足のうち、軸足になっている足に後ろ足を寄せます。移動させるというよりは、体の力を抜いてスノーボードの上を滑らせるようにして寄せましょう。軸足に重心を移動したら、今度はスノーボードの中心に体重を移動させ、止まる瞬間に腰を軽く落とします。すると、綺麗に止まることができます。特に、スピードが出ている時はしっかり腰を使って止まるようにしないと、体をまっすぐにしたままでは前に転んでしまいます。それから、軸足に重心を移動したあとは、ボードの中心に切り替えてください。これをせずに軸足に体重を乗せたままで止まろうとすると、ボードがくるくると回転してしまいます。

スノーボードの泊まり方は、初心者の人ではコツが掴めないという場合が多いです。あまりスピードを出してから止まろうとすると転んでしまいますから、最初はゆっくりなスピードからしっかり止まる練習を繰り返しましょう。ある程度のスピードから止まれるようになったら、今度はターンから止まってみるなど、色々な止まり方をマスターしてみましょう。スピードを出すのはそれからです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 スノーボードを楽しむ! All Rights Reserved.