スノーボードの服装 〜 スノーボードを楽しむ!

main_top_over_navi
main_top

スノーボードの服装


スノーボードをする際に注意しておきたいことは、寒くない服装をすることです。まず、下着についてですが、綿素材は避けるか着替えを多めに持参する方がよいでしょう。どうしても汗をかくことが多い人は、べたべたしてしまうからです。温かい下着を着用することはもちろんのこと、下着とウェアの間にも中間着などを着るようにしましょう。

初めて行くゲレンデであれば、どれくらい着こんでいけばいいのかが分からないこともあります。そんなときは、今までそこのゲレンデに行った経験がある人に話を聞くとよいでしょう。しかし、知り合いにそのような人がいないのであれば、中間着には脱いだり着たりしやすいものを選択するようにしてください。

特に寒さが厳しい場所にスノーボードをしに行く場合は、中にフリース地のような暖かいものを着るようにしましょう。寒いとどうしても楽しくスノーボードを滑ることはできません。Tシャツの上にウェアを着ただけではどうしても寒いですから、試してみてください。ゲレンデは、あくまで雪山なので、雪山を歩いても寒くないような服装を想像してみてください。寒がりな人はネックウォーマーも同時に用意してみてください。暑い場合は脱いだりといった対応もできますが、寒いとどうすることもできません。ゲレンデでレンタルできる防寒対策グッズもありますが、レンタルするものが多くなると出費もかさむので、自分で調べてできる限りは用意するようにしましょう。それから、汗をふくためのタオルも忘れずに。スノーボードを滑り終わったあとは、風邪の原因にならないようにしっかりと汗を始末しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 スノーボードを楽しむ! All Rights Reserved.