スノーボード用具の手入れ 〜 スノーボードを楽しむ!

main_top_over_navi
main_top

スノーボード用具の手入れ


スノーボードを楽しんだ後は、手入れをするのも忘れないようにしましょう。ついそのままにしてしまうことも多いようですが、ボードなどはとてもデリケートです。きれいに乾燥させてあげないと、次回使う時にはサビてしまっていたり買い替えが必要になることがあります。

スノーボードの手入れの基本は、乾いたタオルで水分をしっかりと拭き取ることです。スノーボードは雪の上を滑るものなので、濡れてしまっています。濡れたままそのままでいるとサビてしまうので、終了後は水分を全く残さないように気をつけましょう。サビ止めも塗っておいて、次回滑る時に備えましょう。

スノーボードは、シーズンオフ中の保管も重要です。水分をしっかり拭いてからしまうのは当たり前ですが、使わない時は何もしなくていいというわけではありません。冬になるたびにしまってあるところから出してくるというのではなく、オフ中も定期的にメンテナンスをするとよいでしょう。バインディングは保管前に取り外しておきましょう。軽いものではないので、つけたままでいるとスノーボードに負担をかけてしまいます。オープンシーズンになりスノーボードに行こう!ということになったときは、ボードをじっくり再度確認しましょう。ボードにヒビが入っていたりすると、ちゃんと滑ることができません。修理に出すことを検討しましょう。素人ではできない修理もありますから、詳しいことは購入したお店か修理に出す用具のメーカーに問い合わせたから修理に出しましょう。価格は15,000円?20,000円程度みておいたほうがいいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 スノーボードを楽しむ! All Rights Reserved.