スノーボード用語 〜 スノーボードを楽しむ!

main_top_over_navi
main_top

スノーボード用語


スノーボード初心者の人は、用語を聞くだけでちんぷんかんぷんという人も多いでしょう。よく使う用語だけでも、覚えておくようにしましょう。インストラクターに教えてもらう場合にも用語が出てくることがあります。分からなければすぐに意味を聞くようにしましょう。よく使われる用語をご紹介します。

◆アイスバーン
雪が踏み固められるなどして、ゲレンデが氷のような状態になっている部分
◆アイロン
ホットワックスを溶かし伸ばす時に用います。家庭用のもので済ます人もいますが、温度調節ができないといけないので、専用のものを使いましょう。
◆アバランチ
雪崩のこと。
◆エッジ
スノーボードの端についている金属部分、刃のこと 。
◆オーリー
スノーボードの技の一つ。腰を曲げた状態から伸ばした時にかかる力を利用してジャンプすること。初心者でも覚えておきたいものです。
◆カービング
キレのあるターンのこと。板のエッジ部分を利用して行います。スクールなどでも教えてくれます。
◆キッカー
ジャンプ台のこと。
◆逆エッジ
目的とは逆のエッジをひっかけてしまうこと。スクールで注意されることが多いミスの一つ。
◆グラブ
跳ぶトリックをした途中で、手を使ってボードを掴むこと。
◆シャベル
ボードの反りあがった部分のこと。
◆スケーティング
後ろ足で雪を蹴って進み、前足はバインディングに固定した状態で進むこと。
◆ダリング
チューニング方法の一つ。余分なエッジを削って丸めること。
◆ノーズ
ボードの前側部分のこと。
◆バインディング
ボードにブーツを固定するための道具。
◆ファイル
ボードのエッジ部分を削るために使う「やすり」のこと。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 スノーボードを楽しむ! All Rights Reserved.